ホーム  >  CAPの効果  >  暴力とはどういうものか

暴力とはどういうものか(複数回答)

複数回答総数がCAPプログラムの実施前4,758と実施後7,492では2,734も(1.6倍)増え、意識が変わった。

 

①1.3倍 ②1.1 ③1.1 ④1.6 ⑤3.4 ⑥1.6 ⑦4.5 ⑧1.3 ⑨4.6 ⑩2.2 ⑪1.5と総数が約1.6倍になったことも影響するが、⑦誘拐4.5倍 ⑨ちかん4.6 ⑧虐待4.6⑤無視3.4 ⑩いやがらせ2.2 と大きく増えた。暴力の内容について変化したといえる。

 

④言葉については特に小学5年・6年・中学1年で大きく変化した。

 

⑤無視については小学5年・6年・中学1年・2年で大きく変化した。

 

⑥いじめ ⑦誘拐 ⑨ちかん ⑩いやがらせ については全学年で大きく変化した。
男子では⑦誘拐4.4 ⑨ちかん4.4  ⑤無視3.3  
女子では⑨ちかん4.8  ⑦誘拐4.7 ⑤無視3.4 となっている。

 

全体にCAPの前と後では暴力の概念が直接の身体暴力から言葉や誘拐、ちかん、いやがらせ等へも広がっており、暴力の概念を広く教えることの重要性を示した。
 

前
アンケート調査について
カテゴリートップ
CAPの効果
次
暴力の内容