ホーム  >  WAM助成事業  >  実施体制・実施過程
児童虐待防止及びDV・デートDV予防啓発事業
実施体制・実施過程について

実施委員会での積極的な意見・参加により、事業をより効果的に進めることができた。また、利用者からの「全然知らなかった・・」「気が付かないことが多々あった」や「子どもの見方が変わった」「もっと早く知りたかった」「もっと具体的にたくさん知りたい」「お友達にも教えてあげたい」のような声により、多くの支援が必要だとわかり、正しい知識や情報の発信の必要性を痛感するともに、集客のための告知方法などの工夫やリソースセンター、デートDV防止みやぎ・グループひまわりとの連携によりスムーズな事業運営ができた。

前
事業実績5 報告書作成
カテゴリートップ
TOP
次
事業の成果等